マンション火災保険の法令用語 区分所有法

 
区分所有法
建物の区分所有等に関する法律を区分所有法といい、マンション法ともいわれており、権利関係や管理に関する規定をまとめた基本法のことです。

例えば、一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。

区分所有権・専有部分・共用部分・敷地利用権の定義や義務、規約や集会の方法、管理組合法人や復旧・建替に関すること、義務違反者に対する罰則等についても含まれています。

具体的な規則については、区分所有法に基づいて、個々のマンションごとに管理規約で決められています。
→一覧に戻る
お問合せ案内