マンション火災保険の法令用語 耐震改修促進法

 
耐震改修促進法
「建築物の耐震改修の促進に関する法律」のことであり、地震による建築物の倒壊等の被害から国民の生命・身体・財産を保護するために、建築物の耐震改修を促進する措置を講じ、耐震安全性の向上を図ることを目的として定められた法律です。

阪神・淡路大震災を教訓に制定され、平成7年(1995)施行となりました。建物の耐震改修をすることで、建物利用者の生命、財産が安全に守られます。それに、建物周囲への被害を減らし、二次的な災害が防止されます。

そして、建物の資産価値の維持や向上をはかります。各都道府県は、国土交通大臣が定めた基本方針に基づいて、数値目標や必要な施策などを盛り込んだ耐震改修促進計画を定めなければなりません。
→一覧に戻る
お問合せ案内