マンション火災保険・補償の重要性

マンションに関する保険で重要となるのは、「実際に事故が発生した場合に保険の対象となるのか」
最も重要と考えます。安かろう悪かろうでは保険の意味はないかと思います。
原因が共用部分か専用部分かでトラブル
例えば漏水による賠償責任事故ですが、共用部分と専有部分の
どちらが原因かで、管理組合様も巻き込まれてトラブルになる
ケース
があります。

共用部分の責任ならば、建物賠償責任保険になりますが、
これは共用部分の責任で賠償責任事故が発生した場合が
対象になり、専有部分であるなら個人賠償責任保険になります。
しかしその区分けが困難な場合が意外とあり、
どちらが賠償責任を負うのかで争いになることがあります。

管理組合様が個人賠償責任保険の包括契約に加入していれば、
争うことなく管理組合様の保険会社が対応することができますので、
重要な特約であると考えております。


これも、代理店がその重要性の認識がなく、ご提案すらしていなければ、
事故が起きた時に理事長様以下、右往左往されることにもなります。

意外と多い水漏れ事故も調査費用が補償の範囲かどうかが重要
水漏れ原因調査費用も大事な特約になります。
水に関する事故の事故原因は、外観から特定することが難しい
場合が多く、調査して原因が判明することも少なくありません。

水漏れ原因が保険対象外事故であるなら、調査費用も保険の
対象となりませんが、この特約に加入すれば、老朽化による
水漏れ事故でも、調査に関する費用は対象となります
ので、
安心して原因究明ができます。 

このように、補償を選択することは、大変重要であると考えられますので、
契約する時は、提案力のある代理店を選択することが重要です。
もちろん、当社ではあらゆる可能性を考えてご提案させていただきます。
→管理組合の火災保険選びに重要なポイント、善管注意義務の説明はこちら!
| 理事会決議の重要性 | 補償の重要性 | 保険金請求の重要性 | 理事長の善管注意義務 |
 
お問合せ案内